『名ばかり』についてAbout ‘NABAKARI’

名ばかりロゴマーク

日本だけにつづく『はんこ文化』

電子取引・電子申請が普及しても、なぜかなくならないハンコ。 役所に書類を出す時はもちろん、高額なものを購入する時など 重要な書類に信用として印鑑を捺します。 世界をみてもサインより印鑑を重要視するのは日本だけです。 云わば印鑑(ハンコ)は日本の文化の一つと言えます。

タイポグラフィ好きが講じて印鑑に魅了される

名ばかりのデザイナー(毛利一成)は、 グラフィックデザイン・WEBデザインを職業とし20年以上。 ロゴデザインやタイポグラフィが好きが講じて、 印鑑という十数ミリ内にある文字の世界に魅了されました。 この「印鑑」という新しいデザインのジャンルを確立していきます。

漢字が持つ美しさを忘れない

デザイン印鑑は、もうすで他で出回っている商品です。 いずれもデザイナーのセンスを感じるスタイリッシュで魅力的な商品ばかりです。 『名ばかり』では線が細く幾何学的な流行りのデザインではなく、 漢字がもつ従来の美しさと強さを忘れないことを心掛けてデザインしています。